アーユルヴェーダとは、インドの医療?

アーユルヴェーダとは、インドの医療?

アーユルヴェーダとは、サンスクリット語で「生命の科学」という意味。5000年以上昔から伝承されているインドの伝承医学で、インドでは医療として正式に認められています。



心とからだは密接な関係を持つという考え方のもと、ヨガや瞑想、呼吸法、食事療法、オイルを使ったマッサージなど、幅広い施術を行います。温めたごま油を眉間にたらす「シロダーラ」という、頭のなかの疲労を回復させる独特のトリートメントもあります。



日本でも学べますが、歴史と思想から根本的に習得するためインドまで勉強へ行く人もいます。生半可な知識と技術では、他サロンに太刀打ちできないセラピーともいえるでしょう。



日本では、アーユルヴェーダ=オイルセラピーという狭い領域からなかなか抜けられずにいるが、言うまでもなく、アーユルヴェーダはオイルを使って行う美容法やリラクゼーションのための知恵にとどまるものではありません。



むしろそうしたことは結果的、あるいは付属的な事柄であって、日々いかに健やかに人間らしく生きていくことができるか、という知恵の集大成が、アーユルヴェーダです。



そのためには、正しい食生活はもちろん、瞑想による心の平静や、天体の動きとともにある人間本来の暮らし方、地球が生み出す自然の力を借りた病気予防・健康回復などアーユルヴェーダ的暮らしを営む上で我々が気を配らなければいけないことは多岐にわたります。




 



源泉分離課税